ストッキング 寝る

MENU

ストッキングを履いたまま寝るのってアリ?

ストッキングを使って脚やせダイエットを行うのはよくある方法ですが、寝る時にもストッキングを着用することで、脚やせにもっと効果が出てくるということをご存じでしょうか?ただ、夜に横になって寝るだけなのに脚やせが出来るなんてすごく魅力的ですよね!

 

ここでは、ストッキング情報として、ストッキングを着用しながら寝ることでどんな効果があるのかということについてご紹介いたします。

 

ストッキングを履いて寝るとどうなるの?

私達が普段「寝る」という行為は、実はダイエットにおいて深い関わりがあるのです。ダイエットに成功している人というのは、眠りが深いことでもしられていますが、これは何故かと言いますと、深い眠りをしていると「脂肪分解ホルモン」や「成長ホルモン」が強力に働きだすからです。

 

つまり、深く寝るということは、それだけ脂肪分解ホルモンが活発に働いてくれるということなので、ダイエットも成功しやすく、また、寝る時はダイエットには最適な時間だということが言えるのです。

 

そんな時にストッキングを履いて寝ると、ストッキングのほどよい圧力と脂肪分解ホルモンが活発に働いてくれるので、ダイエットに相乗効果が現れてとても脚やせの効果が出やすいのです。

 

ストッキングを履いて寝る時の注意点は?

でも、どんなストッキングで寝ても良いということはありません。ストッキングには、色々は着圧の強さがあり、あまりに強い着圧効果のあるストッキングで寝てしまうと、圧力がかかりすぎて他の臓器を圧迫したり、動脈閉塞をおこしかねません。そうならない為にも、寝る時にストッキングでダイエットをする時には、20mmHgの着圧ストッキングを履いて寝るようにすることが大切です。

 

効果的に寝る時にストッキングでダイエットする方法は?

確かに寝ている時にストッキングを履くということは、脚やせにとても効果があるのですが、効果的に脚やせをする為には、ゆっくりと湯船につかるということも大切です。湯船でリラックスしてつかると1日の疲れが取れますので、自然と睡眠の質もよくなります。睡眠の質がよくなるということは、脂肪分解ホルモンも活発に働いてくれますので、湯船にしっかりと浸かって睡眠の質を深い物に出来るようにすることが、脚やせダイエットにはとっても重要になってくるのです。

 

まとめ

寝る時にストッキングを履くということは、とても脚やせダイエットに効果があるということが分かりました。寝ている時には、脂肪分解ホルモンというダイエットには欠かせないホルモンが活発に活動しだしますので、深い眠りをすればするほど、ダイエットが成功しやすいということも分かりました。

 

また、寝る時にストッキングダイエットをする時には、あまち圧力のかかりすぎない、着圧が20 mmHgのストッキングを履くようにしましょう。あまり圧力がかかりすぎると動脈閉塞を起こしかねませんので、日中よりは弱めの着圧ストッキングを選ぶということがコツです。