ストッキング 保湿

MENU

ストッキングは保湿ケアも大事!【履く前と後にすべきこと】

ストッキングを履いていると、足が温かいし薄くてもバリアされている様な感じがありますので、足が保湿されているような気がしますよね。実は、ストッキングを履いていると確かに保湿効果はあるのですが、それだけでは足が乾燥してしまうのです。そのため、ストッキングを履いている時でも保湿ケアを足にしてあげることが大切なのです。

 

でも、どうやって保湿ケアをすればよいのでしょうか?ここでは、ストッキングを履いている時の保湿ケアについてのストッキング情報をご紹介させていただきます。

 

ストッキングを履いた後は保湿ケアをしよう!

ストッキングを履いていても、乾燥している時などは足がガサガサになってしまいます。いくらストッキングに保湿効果があるといっても、それだけでは足らないのです。では、足にどんな保湿ケアをしてあげるといいのかと言いますと、「温かい手で毎日クリームを塗る」ということが保湿ケアには重要です。

 

特に、お風呂に入った後にはどんなに一日中ストッキングを履いていたとしても20分もたてば体の皮膚の水分はカラカラになってしまいます。そのため、お風呂から出た後でもしっかりとクリームを塗るようにしましょう。また、お風呂の中にオイルを数滴入れておくだけでもかなり乾燥が防げますので是非行ってみてくださいね。

 

ストッキング履く時には、履く数分前にクリームをつけて肌になじませてから履くことをおすすめします。こうすることで、ストッキングの保湿効果とクリームの保湿効果で肌を乾燥から守ることが出来ますよ。

 

どんなストッキングが乾燥に強い?

では、クリームさえ塗っておけば、どんなストッキングを使っても大丈夫なのかと言いますと、そうではありません。ストッキングには色々な種類のストッキングがありますが、その中でもやはり保湿効果の優れているストッキングを選ぶことが大切です。

 

ストッキングの保湿効果が優れているストッキングには、「ビキャクイーン」という倖田來未プロデュースのストッキングがあります。このストッキングは保湿効果をしっかりと折り込んだ生地で作られていますので、かなり効果が高いストッキングになっています。気になる人は是非ビキャクイーンを調べてみてくださいね。

 

まとめ

ストッキングは確かに保湿効果はありますが、それだけでは足の保湿が十分とは言えないということがわかりました。足に保湿をする時には、お風呂では数滴オイルを垂らして入浴してみたり、お風呂上がりやストッキングを履く数分前には、クリームを塗って足に保湿をすることで、足がちゃんと保湿されることが分かりました。

 

では、ストッキングで保湿効果の高いストッキングには何があるのかと言いますと、色々なストッキングの中でも「ビキャクイーン」というストッキングが保湿効果があり、生地もしっかりとしているので、ストッキングを履いている時でも乾燥をしっかりと防ぎたいと思っている人は是非使ってみてくださいね。