ストッキング 着圧

MENU

着圧ストッキングの選び方【もう失敗しない!】

着圧ストッキングで脚やせ効果やむくみ解消効果を狙って購入する女性は沢山いますよね。では、着圧ストッキングはどんなものがおすすめなのでしょうか?せっかく着圧ストッキングを購入するのなら、おすすめのストッキングを選んで購入したいですよね。ここでは、着圧ストッキングのおすすめ商品やどんな選び方がおすすめなのかということについてご紹介いたします。

 

着圧ストッキングのおすすめな選び方

着圧ストッキングは色々な商品が販売されているので、ストッキング情報もとても沢山あって、一体なにを信じて買えばいいのか分からなくなってしまう時がありますよね。着圧ストッキングの場合は、寝ている時の圧力と日中活発に動いている時の圧力は変えていたほうがいいとされています。

 

寝ている時のおすすめ着圧ストッキングの選び方

寝ている時には、足首にかかる着圧レベルが20mmHgの商品を選ぶことをおすすめします。なぜ20 mmHgの着圧ストッキングがおすすめなのかと言いますと、30 mmHg以上の圧力がかかるストッキングを履いたまま就寝すると、足への圧力が大きくなりすぎることで、足への負担がとても大きくなってしまいます。そうすると、動脈閉塞になってしまう可能性が高まってしまいます。

 

動脈閉塞にかかると、手や足がしびれてきてしまいますが、首や脳といった所に送られる血液が詰まってしまうと脳梗塞などの生命の危険がある病気になりかねません。そのため、寝ている時の足への圧力は、日中よりも弱めにすることがよいのです。

 

日中の着圧ストッキングの選び方

では逆に、日中活発に動いている時におすすめする着圧ストッキングはどんな強さがいいのかと言いますと、むくみが中程度の場合には圧力は30 mmHgを選ぶことがおすすめです。むくみが軽度の場合には、25 mmHgくらいの圧力のストッキングを選ぶようにしましょう。

 

着圧ストッキングを購入するなら、食生活も見直そう

着圧ストッキングというものは、基本的には血流を良くして脚やせ効果やむくみ、冷え性などを改善するストッキングになります。つまり、私達の体というものは、血液の流れが悪いことでむくみや冷え性になってしまうということが言えます。確かに着圧ストッキングを購入して血流をよくすることも大切ですが、せっかく着圧ストッキングを購入するのであれば、しっかりと成果が出るように、普段から食生活を改めて血流の流れをよくする食べ物を積極的に取り入れたいものですね。

 

まとめ

着圧ストッキングを選ぶ時には寝ている時に履くストッキングと日中に履くストッキングの圧力は変えた方がよいということが分かりました。きちんとこれは守らないと、動脈閉塞という病気を併発しかねませんので、着圧は守るようにしたいものですね。

 

また、着圧ストッキングの効果を引き出したい時には食生活を見直すこともおすすめだということも分かりました。食生活で体の中からも血液の循環をよくしてあげることで、むくみや脚やせ効果は更に増します。