ストッキング 洗い方

MENU

ストッキングの洗い方をマスターしよう!

ストッキングは、女性なら一度は誰でも着用したことのあるという人がほとんどなのではないでしょうか。そのくらい親しまれているストッキングですが、皆さんはどうやってそのストッキングを管理していますか?ストッキングは普通の服よりも生地が薄いので、洗い方にこだわっているという人も多いかもしれませんね。

 

ここでは、ストッキング情報として正しいストッキングの洗い方をご紹介いたします。少しでも長持ちするストッキングになるように、しっかりと洗い方をマスターしましょう!

 

ストッキングの正しい洗い方をご紹介

では早速、ストッキングの正しい洗い方をご紹介したいと思います。ストッキング情報の中でも洗い方は色々とポイントがありますので、一つずつ抑えていきましょう。

 

手洗いをしよう!

ストッキングを洗う時には、洗濯ネットに入れてストッキングを洗う人が多いと思いますが、正しいストッキングの洗い方は手洗いです。では、なぜ手洗いなのかと言いますと、やはりストッキングは他の衣類よりも伝線しやすいからです。

 

押し洗いをしよう!

大体、洗濯をする時にはお水かぬるま湯で洗うと思いますが、ストッキングを洗う正しい方法は押し洗いです。押し洗いとは、ストッキングを優しくお水の中に入れたり沈めたりしながら汚れを落とす方法です。

 

水気を切る時は圧縮しよう!

ストッキングは先程もご紹介した通り、伝線しやすいものなので水気を切る時にも注意が必要です。洗濯機でぐるぐると回してしまうとすぐに痛んでしまうので、両手でしっかりと圧縮して水気を切るようにすることが大切です。どうしても手の力が足らない時には、タオルなどを使って圧縮すればタオルが水気を吸い取ってくれるので簡単ですよ!

 

どうしても洗濯機を使う場合

正しい洗い方は手洗いだとは分かっていながらも忙しくて手洗いなんてやっていられないという日も当然ありますよね。そんな時には、洗濯機で洗ってしまうと思いますが、洗濯機で洗う時には、必ず洗濯ネットに入れて洗うようにしましょう。洗濯ネットも、ランジェリータイプの洗濯ネットを使うことでストッキングに毛玉がつくのを防いでくれますよ!

 

どんなストッキングがおすすめ?

正しいストッキングの洗い方をしていても、いつかは生地が少し傷んできてしまうものです。そんな時には出来るだけ生地のしっかりとしたストッキングを選びたいものですが、しっかりとした生地のストッキングはどんな商品があるのかと言いますと、「ビキャクイーン」というストッキングがあります。このストッキングは口コミでもとても生地がしっかりしていると評判なので、ストッキングを購入する時の目安にしてみてくださいね。

 

まとめ

正しいストッキングの洗い方は、手洗いをすること、押し洗いをすること、圧縮して水気を切ることが大切だということが分かりました。また、どうしても洗濯機を使う時には、ランジェリータイプの洗濯ネットを使うことが大切だということが分かりました。