ふくらはぎ 痩せ方

MENU

ふくらはぎの痩せ方には短期間で効くやり方もあるの?

ふくらはぎ痩せ方短期間

ふくらはぎの痩せ方はマッサージや運動などがありますが、短期間で出来るだけふくらはぎの痩せる方法は何があるでしょうか?短期間での痩せ方が分かると、ふくらはぎについての悩みも早く解消されますので、短期間での痩せ方があるなら是非行ってみたいですよね。

 

というわけで、ここではふくらはぎの痩せ方について短期間でも効果のある痩せ方をご紹介いたします。短期間とは、大体10日くらいから効果が出始める痩せ方です。

 

ふくらはぎを短期間で痩せる方法

では、早速短期間での痩せ方をご紹介いたします。自分の意思さえしっかりと持っていればそんなに難しい方法ではありませんので、肩の力を抜いてみていきましょう。

 

食事療法

ふくらはぎの効果的な短期間でも痩せ方には、むくみを解消するのが一番です。まずは、体の中からむくみを解消出来るように食事内容を改めてみましょう。

 

食事で効果な痩せ方は、「カリウム」を多く含む食材を積極的に摂ることが大切です。カリウムは、むくみの原因となる塩分を体の外に排出する働きがありますので、短期間でむくみを解消することに繋がります。

 

カリウムの多い食べ物には、納豆・ほうれん草・アボカド・ブロッコリー・キウイなどがあります。

 

マッサージをする

短期間での痩せ方にはマッサージがありますが、その中でも自分で行うマッサージではなく、エステで行うマッサージが効果があります。お金が結構いることですが、効果は期待できます。

 

着圧ストッキング

着圧ストッキングを毎日履くことでむくみはかなり取れますので、ふくらはぎを短期間で綺麗に見せることが出来ます。着圧ストッキングは、色々な種類がありますが、「ビキャクイーン」というストッキングはむくみにとても効果がありますのでおすすめです。

 

サプリメント

今は、足のむくみに効果のあるサプリメントも販売しています。このようなサプリメントも上手に利用してみることも、短期間での痩せ方の1つの方法と言えます。サプリメントを摂取するときには、出来るだけ返金保証のついたものにしましょう。

 

短期間の痩せ方として効果的ではないもの

短期間の痩せ方として効果的ではないものに、「運動」があります。運動は健康的に痩せることが出来てとてもおすすめなのですが、短期間では効果があまり実感出来ません。そのため、長期的にふくらはぎをシェイプアップしたい時や、継続してこれからもふくらはぎの脂肪を気をつけたいという人にはおすすめです。

 

もしも運動でふくらはぎを痩せようと思う時には、なわとびやランニングなどの有酸素運動を取り入れてみましょう。足に筋肉をつけることによって、脂肪が燃焼されやすくなります。

 

まとめ

ふくらはぎを短期間で痩せる方法には、食事やマッサージ、着圧ストッキングなどが有効な痩せ方だということが分かりました。体の中と外と、両方からふくらはぎのダイエットに望めば、短期間でもちゃんと効果が出るということですね。