ふくらはぎ 痩せ方

MENU

ふくらはぎの痩せ方まとめ【筋トレを活用】

ふくらはぎ痩せ方筋トレ

ふくらはぎの痩せ方についてはマッサージが一番にあげられますが、筋トレでふくらはぎを効果的に痩せることは出来るのでしょうか?筋トレというと、男性が筋肉をつけるために行うというイメージがありますが、実は筋トレはふくらはぎの痩せ方で結構効果があるものとされているのです。

 

では、どんな痩せ方をしたらふくらはぎに効果があるのでしょうか?脚痩せに効果のある痩せ方は沢山ありますが、その中でもふくらはぎに効果のある痩せ方を知りたいですよね。ここでは、ふくらはぎに効果の筋トレでの痩せ方をご紹介いたします。元気よく筋トレをして、適度に筋肉のついたしなやかな女性らしいふくらはぎを手に入れましょう!

 

筋トレによるふくらはぎの痩せ方

では、早速、筋トレによるふくらはぎの痩せ方をご紹介いたします。筋トレと言っても、自宅でも十分に出来る筋トレをご紹介いたしますので、ジムなどに会えて通う必要はありません。では、早速見ていきましょう。

 

カーフレイズ

まずは、カーフレイズという痩せ方をご紹介いたします。カーフレイズの方法は、両手を壁につきながら、ゆっくりと片足を反対の足にかけてそのままつま先立ちしてみます。しかし、降ろす時は完全に床に足がつかないように寸止めの状態で止めます。この作業を1日15〜20回行いましょう。

 

スクワット

スクワットは誰でも一度は行ったことがあると思いますが、このスクワットもふくらはぎの痩せ方としては有名です。しかし、スクワットを行う時には意識することが何点があります。まずは、お尻を突き出すのではなく、腰を落とすイメージでスクワットをするということ。また、つま先よりも膝が前に出ないようにするということに注意をして行いましょう。スクワットを行う場合は1日10回程度を2〜3セット繰り返します。

 

スクワットは足を開けば開くほど効果が高いと言われています。そのため、基本のスクワットに慣れてきたら上級編として足を少しずつ広げてみるのもいいでしょう。

 

筋トレを行う前にはストレッチを!

「一刻も早くふくらはぎの痩せ方を試したいから!」という理由から、すぐに筋トレを開始してしまう人が時々いますが、これはNGです。筋トレを行う時には、まずは筋肉をほぐす準備運動としてストレッチを欠かしてはいけません。

 

ストレッチを行わずにいきなり筋トレを始めると、変な場所が痛み出したり筋肉痛がひどくおきたりしますので、必ず筋トレを行う前にはストレッチをしてからにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?筋トレでのふくらはぎの痩せ方はそんなに難しい筋トレをしなくてもふくらはぎには効果があるのだということがご理解いただけたと思います。

 

痩せ方のポイントとしては、毎日継続して行うということがポイントです。運動や筋トレによるふくらはぎの痩せ方は、即効性を期待出来る痩せ方ではありません。そのため、長期的に見てふくらはぎが痩せる方法だいうことを理解して行いましょう。