ふくらはぎ 痩せ方

MENU

ふくらはぎの痩せ方解説!※歩き方にも一工夫しよう!

ふくらはぎ痩せ方歩き方

ふくらはぎはすぐに筋肉がついてしまいますが、普段の歩き方を気にするだけでも効果的なふくらはぎの痩せ方をすることが出来ます。「歩き方」は、普段私達が毎日行っていることですので、そんな歩き方で日常的にふくらはぎを痩せることが出来るのはとてもいいですよね。ここでは、効果的なふくらはぎの痩せ方について、「歩き方」に焦点を当ててみたいと思います。一体どんな痩せ方なのでしょうか?早速見ていきましょう。

 

歩き方で決まる!ふくらはぎの痩せ方

歩き方のコツをつかむだけでもふくらはぎを効果的に痩せることができます。そんな痩せ方のコツをご紹介いたしましょう。

 

効果的な痩せ方1.重心を確認する

ふくらはぎの痩せ方としては、歩いている時の重心に注意をしてみましょう。歩いた時の重心は小指の方ではなくて親指の方に重心がありますか?小指の方に重心がかかっていると、足への負担が大きくなる歩き方になっていますので、ふくらはぎを歩き方で痩せることは出来ません。歩いている時には重心が親指の方に来ていることに注意しながら歩きましょう。

 

効果的な痩せ方2.ヒールを有効利用する

ヒールには、ふくらはぎを細くする効果がありますが、ただヒールの種類が大切です。ヒールといっても、ピンヒールの様な先がとがっているヒールではなく厚底のヒールを選ぶようにしましょう。歩き方にもこだわるのですから歩く時の靴にもこだわらなくてはいけませんよね。

 

効果的な痩せ方3.着地する時の足にかかる割合を確認する

歩き方でふくらはぎを細くする方法には、着地する時に「かかとが50%、小指は25%、親指も25%」の割合で重心がかかるようにすることが、ふくらはぎを細くする正しい歩き方です。この歩き方をマスターすると、ふくらはぎを細くするだけではなく、足の形もよくすることが出来ます。

 

効果的な痩せ方4.姿勢を正して歩く

歩き方でこだわるのは足だけではありません。姿勢をしっかりと正して歩くことによって、体全体の血流がよくなりますので、血液のポンプの役割も担っているふくらはぎを細くすることにも繋がるのです。そのため、猫背気味での歩き方や背中を沿った状態での歩き方などは、気をつけるようにしましょう。

 

効果的な痩せ方5.階段を使う!

階段は、自然な筋肉をつけさせてくれます。そのため、出来るだけ階段のある所を歩くようにすると、ふくらはぎもしなやかな形にすることが出来ます。

 

ストッキングもおすすめ

効果的な痩せ方として、着圧ストッキングを履きながら歩くという方法もおすすめです。歩き方を注意しながら着圧ストッキングをはくとかなり効果がありますし、着圧ストッキング自体が常にリンパの流れを良くしてくれるので、足のむくみ解消にはとてもよいです。

 

もしも着圧ストッキングを購入する場合には、「ビキャクイーン」という倖田來未プロデュースのストッキングをおすすめします。とてもむくみ解消や冷え性解消に効果があり、口コミでも高評価を獲得しているストッキングなので、是非試してみてくださいね。