脚痩せ 足首

MENU

脚痩せがうまくいかないなら足首に着目してみよう【ここが原因かも?】

脚痩せというと、ふくらはぎや太ももを想像する人がほとんどですよね。しかし、実は、脚痩せするには、足首というのがとても大切になってきます。なぜ、脚痩せするのに足首が大切なのかを調べてみました。脚痩せをしたいと思っている方は、脚痩せと足首の関係をご参考にしてみてください。

 

脚痩せと足首の関係

身体のことをよくわかっている方に脚痩せの方法を聞くと、みなさん、足首のマッサージがいいとか、足首を回すといいと言います。足首と脚痩せにはどのような関係があるのでしょうか?

 

骨盤が歪んでいると脚が太くなり、おしりが大きくなります。また、血行やリンパの流れが悪くなって、むくんだり冷えたりして、脚痩せにはどても悪いです。

 

足首を回し、ほぐすことによって、骨盤の可動性が高まります。足首を内側に回すことによって、開いている骨盤がしまり、外側へ回すと骨盤の動きが良くなります。これを繰り返すと、骨盤が本来あるべきところに戻りやすくなります。

 

脚が太い人というのは、脚が歪んでいる場合が多いです。膝下の骨がずれていて、体重をうまく足の裏でささえられないのです。

 

立っているだけでも余分な力が必要で、体をバランスよく支えられないのです。この余分な力のせいでおかしい筋肉がついてしまい、脚を太くさせます。そして、むくみやセルライトになるのです。

 

足首をほぐすと、膝下のゆがみが矯正できて、おかしな筋肉もつかなくなり、脚痩せすることができます。

 

足首は、歪んでいると、循環を妨げてしまいます。そうなると、足が冷えてしまいます。むくみ、セルライトの原因は、足の冷えからもきます。足首をケアしてあげて、歪みを矯正することはとても大切なことなのです。

 

足首を回したり、ほぐしたりすると、冷えやむくみが起こりにくくなります。

 

うまく循環すると、リンパ液の循環も活発になります。代謝があがって、痩せる効果があります。足は血行の折り返し地点です。足首が硬くてこっていると、血液の循環が効率よく行われません。足首をほぐして、血行やリンパをスムーズに流れるようにしましょう。

 

足首がほぐれて血行がよくなり、また、リンパの流れがよくなると、脚がむくみにくくなります。脚痩せすることもできますよ。また、足の先の冷えを解消してくれます。

 

足首が締まっていると、脚が細く見えて、とてもきれいに見えます。

 

足首が太くなる原因

足首は、むくんだり、筋肉のバランスが悪くなると太くなります。足首の関節や筋肉を頻繁に動かさないと足首が太くなりやすいです。

 

同じ姿勢をしている仕事の方は、足先が冷えて、むくみます。また、歩いたり走ったりしないで、足首を使わないと、太くなります。

 

脚痩せをするために、適度な運動をするようにしましょう。その時の靴は、なるべく自分の足に合ったスニーカーを選びましょう。そうすることで、足首が柔軟に使えるようになります。

 

足首をストレッチしたり、エクササイズをすることで、引き締まったきれいな足首を作ることができます。むくみや冷えも解消しますのでおすすめです。

 

足首ストレッチをしながら、「ビキャクイーン」を使うのをおすすめします。